87miles.net

Speed limit 87mph!

【android】iijみおふぉんの割引通話サービス「みおふぉんダイアル」でプレフィックス発信するならmioプレフィックスがおすすめ

      2016/02/06

【android】iijみおふぉんの割引通話サービス「みおふぉんダイアル」でプレフィックス発信するならmioプレフィックスがおすすめ

IIJみおふぉんでは電話発信する際、相手の電話番号の前にプレフィックス番号「0037-691」を付加することで通話料が安くなる「みおふぉんダイアル」をサービスしています。
そのプレフィックス番号を自動で付加してくれるandroidアプリをご紹介します。

photo credit: Nexus 4 via photopin (license)

スポンサーリンク

ads

ダイヤルアプリ系は少し惜しい

私はIIJがこのようなサービスを始める前は、以前にご紹介したG-Callを使用していました。

過去記事

G-CallとIP-PhoneSMARTを使用してLTE契約のスマートフォン通話料を節約する。
スマートフォンが普及して、最近ではLTE契約も増えてきましたが、LTE契約のネックの一つとして、通話料金の高さが挙げられます。 LTE契約が登場する前は無料通話というのがあり

このG-CallもIIJみおふぉんもダイヤルアプリを用意してくれていて、そこから発信することにより、自動的にプレフィックス番号を付加してくれます。
ただ、このアプリが非常に惜しいんです。

不在着信への折り返し

まず、なんといっても不在着信の通知を開いて、そのまま折り返しを行うと通常のダイヤルアプリを使用してしまい、プレフィックス番号が付加されません。
これがかなり不便!
不在着信の通知から、誰からのコールかを確認して、イチイチG-Callなどのアプリを立ち上げて、その人を探して、発信…。
気が遠くなります。
まぁこれはアプリのせいではないですけどね…。

ひらがなの時点での検索

こちらはみおふぉんダイヤルアプリに関してですが、発信の際に、人名で検索すると思います。
通常のダイヤルアプリやG-Callのアプリでは、例えば山田さんに電話しようと思った場合、検索窓に「やまだ」と入力すると、変換する前に電話帳にある山田さんのデータを表示してくれます。(当然連絡帳にはフリガナデータを入力している必要があります。)
しかし、みおダイヤルの場合、「やまだ」と入力し、変換候補の「山田」を選択したあとで確定しないと候補に出てきません。
これもかなりダメ。イライラします。当然、「斎藤」さんと「齋藤」さん「斉藤」さんの違いも認識してくれません。
ふりがなだと「さいとう」と入力した時点で電話帳に入っている「さいとう」さんの候補を挙げてくれます。

ベストは通常ダイヤルアプリ+プレフィックス付加アプリの組み合わせ

ということでやはりベストは通常のダイヤルアプリだと思います。
これを使用しつつ、自動的にプレフィックス番号を付加してくれたらいいなと。

しかも、当然0120フリーダイヤルや、110、119などの緊急発信にはプレフィックスは不要なので、自動で識別してくれたらいいなと。

あります。そんな便利アプリが。

IIJみおふぉんの場合

"mioプレフィックス"というアプリです。

Google play mioプレフィックス
mioプレフィックス
制作: Yuichiro Okuyama
評価: 5.0 / 5段階中
価格: 無料 (2015/5/3 時点)

posted by: AndroidHTML v3.1

インストールし一度起動するだけで、あとは勝手にIIJみおふぉんのプレフィックス番号を付加してくれます。

「みおふぉんダイアル」がサポートしない以下の番号は自動で識別してプレフィックスを付けません。
・117番などの3桁番号
・フリーダイヤル(0120、0800)
・ナビダイヤル(0570)

発信の際には「みおふぉんダイヤルで発信しています」メッセージも出してくれますし、イチイチ

楽天でんわなどIIJみおふぉん以外の場合

おいおい、俺はみおふぉんちゃうで、という方は以下のアプリをどうぞ。

Google play Prefixer
Prefixer
制作: 253°Below
評価: 4.3 / 5段階中
価格: 無料 (2015/5/3 時点)

posted by: AndroidHTML v3.1

使い方は以下のブログで詳細に説明されています。
すりゴマ・ドットコム
自己満 備忘録

もちろん、IIJみおふぉん使いの方が使ってもOKです。まぁめんどくさいのでmioプレフィックスを使用したほうが良いと思いますけど。

関連コンテンツ

 - Android, LifeHack