87miles.net

Speed limit 87mph!

Cannondale Badboy DISC 2010

   

Cannondale Badboy DISC 2010

最近、息子が自転車に乗れるようになったので、親子でよくサイクリングに行くようになりました。
私が乗っているのはCannondaleのクロスバイク、badboyです。

Cannondale badboy

2010年のディスクブレーキモデルです。
この車体はレフティといって、前輪のフォークが片方しかありません。それがかっこよく、店頭で見かけた時は一目惚れで即購入でした。
Cannondale Badboy DISC 2010
もともとクロスバイクが欲しくて、badboyのことは知っていたのですが、実物は見たことが無いし、高かったので購入しようとも思っていませんでした。
それがある日、たまたま芦屋に出来た自転車屋さんにフラっと立ち寄ったら、この自転車と出会ってしまったのです。
このモデルの前まではhand made in americaで(諸説あり)確か15万は超えていたと思います。
このモデルから名実ともに?made in taiwanになり、車体価格は10万を切りました。
高いという印象しか無かったので、そんな事情とはつゆ知らず、その場で即購入しました。

車体フレームはアルミなので軽いのですが、乗り心地はけっこう硬いです…。
少なくとも自分にはあまりゆったりライドを楽しむというバイクではありませんが、軽快に乗れて楽しい自転車です。
また、当たり前ですが、ママチャリなんかに比べて、全ての抵抗が少なく、ペダルを漕ぐとスーっと進み、その距離もママチャリの比ではありません。
タイヤの空気圧は高めにしているので、そのせいもあります。
結構スピードも出ます。

カスタム

そのままで乗るのは嫌だったので若干ですがパーツ交換などのカスタムを施しています。
コンセプトは

  • 純正然
  • より快適に

で、なるべく車体そのものの雰囲気を壊さないように、できるだけ黒のパーツで構成しています。

はがせるステッカーなども全て剥がし、防犯登録のステッカーもフレーム底面の見えないところに貼ってもらいました。

カスタムポイント

  • ペダル vpone
  • シートポスト thomson masterpeace
  • ポストカラー thomson
  • ステム thomson x2
  • ステムキャップ thomson
  • ハンドルバー raceface カーボン
  • ハンドルグリップ 不明
  • ライト
  • サイクルコンピュータ cat's eye

thomsonが多いです。ほんとはハンドルバーも統一したいんですが…。
thomsonについてはこちらが参考になります。

ペダルvpone

ペダルvpone
一番初めに変えたパーツがペダルでした。
店員さんのオススメのままに。黒一色の選択肢があまり多くなかったんですかね?
ビンディングシューズは履かないのですが、スニーカーへの食いつきはいいです。ペダルロスも最小限に抑えられているんじゃないでしょうか?

シートポスト thomson masterpeace

thomson masterpeace
Thomson Masterpiece Seat Post 31.6 x 350mm

完全にオーバースペックですが、エリートと持って比べてみた時にあまりの違いに、即決でmasterpieceにしてしまいました。
純正から変更して一番違いを感じられたパーツです。ダンシング(たち漕ぎ)で明らかに軽くなりました。

ポストカラー thomson

Thomson Seat Collar
Thomson Seat Collar 34.9 ブラック
ポストカラーもtomsonで揃えています。

ステム thomson x2

thomson x2
Thomson Elite X2 Oversized Road Stem +/-10º x 110mm ブラック

thomson x2は基本的にロードバイク用です。x4はMTB用ですが、単純に見た目が好みだったのでX2にしました。
ハンドルバーを固定するビスが2本なのでX4(4本)に比べて剛性は落ちますが、舗装された道しか走らないので、問題ありません。
下向きに装着していますが、若干ハンドルポジションが遠い気がします。見た目には好みなんですが。

ちなみに、このステムはクランプ部分が割れたのですが、
thomsonステム
ちゃんと補修用のクランプだけ売ってるんですね。
見事に復活しました。

ステムキャップ thomson

ステムキャップ thomson
ステムキャップもthomson。ライド中、目に入るパーツだけに抜かりなくいきたいです。

ハンドルバー raceface カーボン

Race Face Next SL Flat Mountain Bike Handlebar
Race Face Next SL Flat Mountain Bike Handlebar 31.8mm

今はハンドルバーもthomsonからリリースされていますが、私がカスタムを始めた頃はthomsonのハンドルバーがありませんでした。
T3のハンドルバーが欲しかったのですが、コストパフォーマンスが良かったのでこちらにした気がします。
ハンドルバーもthomsonにしたいです。

ハンドルグリップ 不明

ハンドルバーグリップ
当初、ハンドルグリップはFizik XC MTB Handlebar Gripsを使っていましたが、乗り心地の硬さがハンドルグリップで吸収しきれず、腕が痛くなっていたので、スポーツデポで衝動的に、衝撃を吸収してくれそうなハンドルグリップを購入。こいつに替えてからは腕の痛みも無くなりました。(そこまでの距離を乗ることもそうそう無くなりましたが)

ライト Lezyne - Femto Drive LED ライト

Lezyne - Femto Drive LED ライト

Lezyne - Femto Drive LED ライト
Lezyne - Femto Drive LED ライトセット
装備をできるだけミニマムにしたかったので、ライトも小さいものにしています。
特に後ろはミニマムにできたので、満足度が高いです。
本体はアルミ削り出し。
赤色の方はシートポストに装着した際にライトが下を向かないように角度がついたアタッチメントになっています。

サイクルコンピュータ cat eye

ストラーダ ワイヤレス サイクルコンピューター CC-RD300W
ストラーダ ワイヤレス サイクルコンピューター CC-RD300W
単なる街乗りなのでケイデンス、心拍は図りません。ほんとはサイコンもいらないくらいですが、記録マニアなため、どのくらいのスピードなのか、どのくらい距離を走ったのかなど把握するためにつけています。
なるべく小さくて、でも見やすくて、必要最低限のシンプルなモデルということで選びました。今は廃盤になっていますね。
配線の無い、ワイヤレスモデルがすっきりしてていいです。
必要以上に白や赤の文字が印字されているのが気に入らず、カッティングシートやタミヤのペイントマーカーで文字を消しています。

ストラーダ ワイヤレス サイクルコンピューター CC-RD300W

ハンドル周りも不要なフォントは消しています。
ハンドル周り

カスタムしたいところ

まだ、カスタムしたいところが残っているんですが、当時予算の兼ね合いで断念。

ブレーキ

ブレーキがキーキー鳴くので、これは変えたいかなーと思っています。
効きが甘い気もするし。確かパッドは何度か交換しましたがすぐに鳴くようになってしまいました。

ハンドルバー

使用には何も文句はないのですが、単純にThomsonで揃えたいだけです。
カーボンのMTBバーに変えたいです。

タイヤ

タイヤは予算云々よりも、単純に今のがダメになってからかなと思っています。すでに側面のホイールとの境目に裂け目が…。
変えるならシュワルベ ワンかな。サイズは25Cに。
ノーマルホイールの場合、チューブのバルブはロングタイプでないとリムの高さに届きません。


まとめ

気づけば購入からそれなりに時間が経っているモデルですが、近年の角ばったフレームよりもこの丸いフレームが好みです。
次はタイヤ交換かなという感じですが、交換の際はまたご紹介します。

関連コンテンツ

 - Life