87miles.net

Speed limit 87mph!

【夫婦で年間14万円削減】IIJmioみおふぉんだけをメイン回線で使い始めて3か月経ったほんとのところ

      2016/02/06

IIJみおふぉん

昨年12月末にメインの回線(と言っても1回線しかありませんが)をIIJmioみおふぉん(正確にはBIC SIM)にMNPしました。
過去記事

【MVNO】夫婦で格安SIM BIC SIMに乗り換えて年間約10万円の節約を検討中
ケータイの通信料が高いので、夫婦揃ってドコモから格安SIMのBIC SIMへMNPしようと、検討しています。 photo credit: Rodrigo Ghedin v

3か月が経ったので、使い心地などほんとのところをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

ads

一番気になる電波のこと-使い物になるのか-

まず、一番最初はみなさんが気になる、電波や通信速度がどうなのか。についてです。
とその前に、私の使用環境を。

使用環境

端末はNexus6です。
通話はたくさんはしません。親や仕事や妻に少し電話をするくらい。連絡なので長電話はしません。

ネットに関しては、ブラウジング、feedlyやtwitter、facebookのチェックくらい。
その他、ウィジェットで細々とした通信はしています。ゲームは全くしません。
自宅ではwi-fiに繋いでいることもあってか、通信量としては2GBいきません。

つながりやすさ

電波の繋がりやすさはドコモのネットワーク網を使用しますので、圏外というのはほとんどありません。
というか地下以外で圏外になっているのは見たことがありません。

ところが、端末の設定の問題なのか、電波を掴まないことがありましたが、設定上のモバイルアクセスポイントでIIJ以外をすべて削除したところ、そのようなことは一切無くなりました。
IIJ
他のネットワークへの接続を試みていたようです。

速度

基本的にはバンドルクーポンを繰り越しているくらいなので、クーポン適用時の速度しかわかりませんが、何の問題もありません。
言われなければわからない自信があります。むしろ言われてもわかりません。
場所や時間帯によっては、回線の混みあいを感じることもあるようですが、私は昼休みを自由に取れますので、(お昼休みの時間帯が一番混むらしいです)特にそのようなことは感じたことはありません。
場所は関西の大阪や神戸です。

料金のこと

こちらも気になると思います。
私達は夫婦でドコモから揃ってMNPすることで、年間12万円の削減を計算しています。

ドコモ時代の料金

旧プラン、タイプXiにねんを契約していた私の場合

基本使用料(タイプXiにねん) ¥743
Xiパケ・ホーダイライト定額料 ¥4,700
付加機能使用料(spモード/メール等含む) ¥300
ISPセット割引料(spモード) ¥-150
付加機能使用料(留守番電話) ¥300
付加機能使用料(Uスタンダードプラン) ¥500
ISPセット割引料(Uスタンダードプラン) ¥-150
ドコモWi-Fi利用料(moperaU) ¥300
永年キャンペーン割引料(ドコモWi-Fi) ¥-600
ドコモWi-Fi利用料(spモード) ¥300
ユニバーサルサービス料/基本 ¥3
eビリング割引料 ¥-20
消費税等相当額 ¥518
合計 ¥6,744

新プラン、カケホーダイを契約していた妻の場合

カケホーダイプラン(スマホ/タブ) ¥2,700
Xi・SMS通信料 ¥186
XiデータSパック(小容量)定額料 ¥3,500
付加機能使用料(spモード/メール等含む) ¥300
ドコモWi-Fi利用料(spモード) ¥300
永年キャンペーン割引料(ドコモWi-Fi) ¥-300
ユニバーサルサービス料/基本 ¥3
eビリング割引料 ¥-20
消費税等相当額 ¥533
合計 ¥7,202

IIJの料金

みおふぉん(音声通話)ミニマムスタートプラン

月額基本料(ミニマムスタートプラン) ¥900
音声通話機能付帯料 ¥700
ユニバーサルサービス料 ¥2
小計金額 ¥1,602
消費税 ¥128
ご請求金額 ¥1,730

料金比較

夫婦ふたりでの計算です。ドコモ二人分マイナスIIJみおふぉん二人分です。

ドコモ
(¥6,744 + ¥7,202)
- IIJ
(¥1,730 × 2)
= ¥10,486/月

二人で一月あたり10,486円の削減です。これを年間にすると…

¥10,486 × 12 = ¥125,832

年間で約12万の削減です。以前試算した時は細かい金額を入れてなかったので約10万と計算していましたが、12万円も削減できると思うとテンションが上がりますね。

さらにお得なことも

最近のIIJは攻めているようです。
以下の3つのニュースが出ています。

IIJmioひかり

IIJmioひかり

今、ドコモもソフトバンクも”ドコモ光”や”ソフトバンク光”など、同様の光まとめ割引サービスを発表していますね。
簡単に説明すると、現在、家のネット環境はみなさん基本的に「回線業者」+「プロバイダー」で契約されていると思います。
それを各キャリアがまとめてサービス提供すると言うものです。インターネット固定回線はキャリアが指定したものになります。

簡単に言うと、家のネット回線をネット回線、プロバイダーと、ケータイの契約をまとめてしまうことで割引しますよということです。
今まで、ネット回線料をNTTへ、プロバイダー料金は各プロバイダーサービス会社へ、ケータイ代はキャリアへ支払っていたと思いますが、それをすべてキャリアでまとめませんか?ということですね。

格安SIMであるIIJもこのサービスを開始します。
もう受付ははじまっています。
我が家の場合は、
NTTフレッツ 3,175円+YahooBB 1,026円=4,741円が、それがマンションタイプ契約3,960円-600円(IIJmio割引)=3,360円(税込3,629円)になります。
月々1,112円、年間で13,344円の削減です。
(我が家の場合ですが、上記のスマホ料金と合算すると139,176円、ほぼ14万円/年の削減です。すごい!!)

4月末までに申し込み場合、工事費などが無料になるそうです!それまでに申し込みましょう。

バンドルクーポンの増量

バンドルクーポン増量
4月1日より

  • 2GB→3GB
  • 4GB→5GB
  • 7GB→10GB

と増量になります。特に手続き等は不要。
個人的には毎月余らせていますが、これでサイト内に埋め込まれたyoutube動画なども気兼ねなく再生できると思うと、良いですね。

通話料も安くなる!!

通話料
チンタラ記事をしたためていたら通話料の割引も発表されてしまいました…。

発信時の相手電話番号の頭に決まった番号を付加することで、20円/30秒だった通話料が10円/30秒になります。
50%オフですね。
要は以前にご紹介したG-Callと同じようなサービスです。金額も同じです。私は請求先をまとめたいのでおそらくこちらに統合するかなー。

また、家族間通話の場合は20%割引になり、上記と組み合わせることで最大60%オフになるとのこと。
ただし!こちらは同一ID内に限ります。ファミリーシェアプランの場合でしょうか。
IIJさん、異IDの統合をさせてください!

まとめ

端末もメールも自分で用意する必要があるので(個人的にはそちらの方が断然いいんですが)、人によっては敷居が高いのかも知れませんが、4月からはクーポンの増量や通話料の割引なども始まり、ますますIIJにしない理由がなくなりました。
私も妻も、本気でケータイ代を抑えたい人には全力でおススメしています。
お申込みはこちらから

IIJ BIC SIM音声通話パック
IIJ BIC SIM音声通話パック
IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043
IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

関連コンテンツ

 - LifeHack