87miles.net

Speed limit 87mph!

【お直し】ダウンやコートの袖口が擦りきれた時の補修

      2014/10/18

ダウンやコートを着ていて、気付いたら袖口が擦れて破れてしまっていた事はありませんか?
袖口は他の個所に比べて痛みが早く、まだまだ着れるのに袖口だけが破れてしまうことがあります。
しかも袖口は目立ちます。貧乏臭すぎるのでそのまま着るのはNGです。

今日はそんなときの対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

ads

基本はお直し

基本はお直しに出します。洋服のリメイクやリフォームとかやってるとこです。
それ以外の方法はぶっちゃけどうにもなりません。

おすすめはレザーを貼ってもらうこと

コート袖口補修

通常、端が擦れて破れてきたら、破れている折り返し部分が少し内側にくるように縫い直しをすると思います。
当然袖は少し短くなります。

私もこれを提案されましたが、採用せずにレザーを貼ってもらいました。
補修テープのようなものもあるようですが、私はあえて素材の違うレザーにしました。

レザーを貼ると耐久性が上がりますし、少し雰囲気も変えることができます。
私は黒のコートの袖口に焦げ茶のレザーを貼りました。上の写真は少し安っぽく見えるかも知れませんが、実際はもう少し上質に見えます。
(革はリフォーム屋に一任しましたので、実際に上質かどうかはわかりません…。感触などはいい感じですが。)
ポケットの口も少しヘタってきていたのでこちらにも貼りました。

ちょっと雰囲気が変わって気に入っています。

破れていなくても雰囲気を変えるためにお直しに出すのはアリだと思います。

まだ少し早いですが、もう少ししたらコートを着るシーズンも終わります。
シーズンオフになったら検討してみてはいかがでしょうか?

男の傑作品 リフォーム大全集 完全保存版 (ビッグマンスペシャル)
男の傑作品 リフォーム大全集 完全保存版 (ビッグマンスペシャル)
自分でできる!洋服のお直しとリメイクの本
自分でできる!洋服のお直しとリメイクの本
おうちでかんたん!服のお直し便利帳―すぐに役立つ裁縫実例52
おうちでかんたん!服のお直し便利帳―すぐに役立つ裁縫実例52
自分でできるかんたん洋服お直しの本―プロが教えるコツとワザ
自分でできるかんたん洋服お直しの本―プロが教えるコツとワザ

関連コンテンツ

 - Fashion