87miles.net

Speed limit 87mph!

【ウルトラワイド】PCのモニターをDELL U3415Wに変えた

   

dell u3415w
PCのモニターを変えました。
というか、以前使用していたPCはvaioのType L。
一体型のPCで、PCの買い替えに伴ってモニターもDELLにしたというわけです。

スポンサーリンク

ads

DELL U3415W


DELL U3415Wは34インチのウルトラワイドモニターで湾曲液晶を採用しています。
アスペクト比21:9、解像度は3440 x 1440です。

なぜU3415Wにしたか

今まで使用していたvaio Type Lは24インチの1920×1080でした。

まず初期段階として検討したのがデュアルディスプレイです。
今回のPC買い替えでは作業効率アップを目的とし、スペックもそれなりにいいのにしていますし。

モニターも24インチフルHDから少しスペックアップして27インチを2台置こうかと。

検討したのはこいつです。

  • 27インチ
  • アスペクト比16:9
  • 解像度WQHD(2,560 x 1,440)
  • 現在の定価99,800円

このモデルはベゼルが極端に狭くて、(見た目もいいし)デュアルディスプレイにもってこいだったのですが、なんせ、電源が2つ必要で、配線が煩雑になること、そもそもPCデスクが強化とは言え、ガラス製であることなどから、デュアルディスプレイ環境は見送りました。

で、次に検討したのがウルトラワイドモニターです。
21:9のウルトラワイドモニターでは、HP製がメインストリームらしいのですが、
まぁ本体もDELLだし、ロゴもDELLの方が好みなのでDELLにしました。
ただ、OEM製品で中身はHP製という噂ですので、スペックに拘ってという理由ではありません。

ウルトラワイドモニターには29インチもあるんですが、そちらは解像度的に今よりも使い勝手が落ちる、そして、どうせなら大きいモニター!ということでこちらは対して検討もせずに34インチを選択。

また、海外では次期モデルであるU3417Wが発売されていますが、某掲示板によるとDELLに問い合わせたところU3417Wの日本発売予定は無いと。

スペックもそんなに変わらないですし、価格もこなれて来たので、U3415Wにしました。

モニター単体ではいい値段がしますが、デュアルディスプレイよりは安く上がりました。

使ってみた感想

まず使用用途としてゲームはしませんので、応答速度だのといったモニターとしてのスペックは度外視です。
何よりも作業スペースが広がったのが素晴らしいです。
win10だと例えばエクセルを2つ立ち上げて、Alt + Tabでの切り替えがうまくいかないのですが、そういったストレスからは解放されます。(フォーカスの問題はあります。どちらもごにょごにょやれば解決できるらしいけど)2つ、3つアプリケーションを立ち上げても切り替えないと見えないということがありません。これは思いのほかストレスフリーです。

ただし、当然ですが、視点移動は多く(大きく?)なりますので、このあたりは慣れが必要です。湾曲してるといっても気持ち程度ですし、「湾曲してるから視点移動が少なくて済むわー」とはならないです。(非湾曲との比較はしていませんが…)

全画面表示でgoogle mapを表示させると圧巻です。

まぁこれは結果論ですが、中央にベゼルが来るデュアルディスプレイよりも配線も含めてすっきりしてるし、メインで作業するウィンドウは中央に持って来たいので、やっぱりウルトラワイドにしてよかったと思います。
ウルトラワイドおすすめです。

モニター台も購入

以前は一体型PCを使用していたので、重量の問題もあり、気になっていても手を出せなかったモニター台も併せて購入しました。

私のPCデスクはガラス製で、引き出しがないため、収納スペースが限られるのですが、その問題が一気に解決しました。
スマホの置くだけ充電やちょっとした小物、使わないときにキーボードやマウスも収められますし、PCデスクの上が狭いなという方はぜひ導入すべきです。
dell u3415w

ほんとは下が透けて見えないすりガラスが良かったのですが、売ってませんでした。
ガラスをスライドさせて台にはめ込んでいるだけなので、ガラスを加工すれば解決するかもしれませんが。安く加工できないかな…。
モニタースタンド

関連コンテンツ

 - PC and InterNet