87miles.net

Speed limit 87mph!

スマートフォンでブレない写真を撮る方法

      2014/10/18

takeapicture

最近はミラーレス一眼の流行で、ミラーレスや一眼などちゃんとしたカメラを持っている方もたくさんいます。
私もちゃんと残したいものはミラーレスで撮影するようにしています。
しかし、やはり重いです。ずっと持ち歩く気にはなれません…。

photo credit: DaveLawler via photopin cc

スポンサーリンク

ads

ちょっとした記録はスマートフォンで充分。しかしブレには弱い…

スマートフォンについているカメラも充分綺麗なので、カメラを持っていない時はスマートフォンで充分です。
しかし、スマートフォンは薄く、決してホールド性が高いとは言えません。
カメラの大敵である『ブレ』が発生してしまうこともあります。

そこで、スマートフォンで写真を撮る際になるべくブレのない写真を撮るためのコツをご紹介します。

両手で構える

基本ですね。片手よりも両手の方が安定しますので、ブレが抑えられます。

なるべく脇をしめる

こちらもカメラの世界では基本のようです。腕を伸ばした状態よりも脇をしめた方が安定しますね。

『押す』という行為

カメラのシャッターでも同じですが、押すという行為はどうしても対象物を動かしてしまいます。
ですからプロの現場や夜間撮影など、ブレが許されない時はリモコンなどを使用し、なるべくカメラ本体に触れないようにしています。
スマートフォンはタッチパネルでシャッターを切ることができるので、物理ボタンを使用するより、実はブレにくいと言えます。

タッチパネルは指を離した時に認識している

意外に知られてないことですが、タッチパネルは指を離したときに認識しています。
ですから、シャッターを切る時にタッチパネルに触れるのではなく、シャッターを切りたい瞬間までタッチパネルに触れたままにしておき、その瞬間離すのです。
こうすることで、スマートフォン写真撮影のブレを最小限に抑えられます。

応用も

離したときに認識するのは何もカメラアプリに限った話ではありませんので、例えば文字入力の際などにも、入力中に間違いに気づき、タッチパネルに触れたままだった場合は、離さずに正しい位置まで指を移動した後タッチパネルから離すと間違って入力しかけた文字は入力されず、正しい文字が入力されます。

でも、これは恐らくタッチパネルに慣れた人ほどこの修正方法は使えないと思います。特にフリック入力なんかだと脳が間違いを認識しても指を止められないと思います…。
あくまでタッチパネルは離す時に認識しているから離すその瞬間まで間違いは修正できますよっていう話です。

光とセンスにあふれる写真の撮り方 (COSMIC MOOK)
光とセンスにあふれる写真の撮り方 (COSMIC MOOK)

関連コンテンツ

 - Android, LifeHack, PC and InterNet