87miles.net

Speed limit 87mph!

IRKitをwindowsから操作

      2014/10/18

IRKit

先日購入したIRKitをいじり始めています。
まぁ公式に載っている情報なんですが、macからではなくwindowsからハックする方法です。

IRKit - iPhone,iPadを使って外出先からエアコン等の家電を操作できる学習リモコン
IRKit - iPhone,iPadを使って外出先からエアコン等の家電を操作できる学習リモコン

スポンサーリンク

ads

windowsからイジる

macを使わなくてもIRKitをイジることができます。

ただしwifiなど初期のセットアップやIRKitに赤外線を読み込ませるのはiOSデバイスがないとダメなのかも知れません。私はiPadを使用しました。セットアップからiOSを使用せずに行える方法をご存知の方はコメントで教えてください。

IRKit - Open Source WiFi Connected Infrared Remote Controller

IPアドレスを取得

まずはIRKitのIPアドレスを取得する必要があります。
公式ではBonjourを使う方法が紹介されていますが、ルーターの管理画面などでも確認できると思います。

私はandroidのfingというアプリを使用しました。
こちらを使用するとwifiネットワークに接続された機器のIPアドレスなどが一覧ですぐに取得できます。
wake on lanの機能もあるようです。(本来はそれが目的のアプリ?)

Fing - Network Tools
Overlook
価格:0  平均評価:4.8(36,599 件)

これらの方法を用いて、IRKitのIPアドレスを求めておきましょう。

JSONを取得

IRKitで受信した赤外線データはJSON形式で取り出すことができ、そのデータを用いることで、再度IRKitから同じ赤外線を出力することができるようになります。

赤外線データを取得するためにはcurlというコマンドを使用します。
もちろんwindowsでも使用できます。
IRKitに向けてリモコンの赤外線を発信し、IRKitが受信、LEDが点滅したら、curlコマンドを打ちます。
するとJSONが表示されます。
私はこれをテキストに出力するようにしました。

  1. http://curl.haxx.se/download.htmlにアクセスし、cURLをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたら適当なフォルダに配置します。こちらではCドライブの直下に配置しました。
  3. パスを通すか、ファイルを配置したフォルダへコマンド上で移動するか、コマンドを打つ時にCドライブにあるファイルを指定し、curlコマンドを実行します。
    ipアドレスはサンプルなのでご自身の環境に合わせてください。

以下はテキストに出力する方法

ちなみにcurlコマンドでJSONを出力できるのは受信後一度だけだそうで、一度curlコマンドで出力すると連続での取得はできないようです。

取得したJSONを使用してjavascriptから操作

ここからは公式にサンプルもあるし、そんな難しくないと思うので割愛しますが、これでiOSからだけでなくandroidなどブラウザがあればjavascriptから信号発信ができるようになります。

次のステップは外からの操作ですね。
特にエアコンは帰宅前に電源オンできるようにしたいです。

IRKit - iPhone,iPadを使って外出先からエアコン等の家電を操作できる学習リモコン
IRKit - iPhone,iPadを使って外出先からエアコン等の家電を操作できる学習リモコン

 - PC and InterNet